肝硬変とは

肝硬変とは肝臓細胞が壊死することによって小さく硬くなる病気です。
肝細胞の壊死や炎症再生が繰り返される子ことにより、
肝臓の機能が低下していきある一定の所まで肝臓機能が働かなくなると肝硬変になります。
急に進行する病気ではなく、色々な病気が原因で肝細胞にも影響を与えることにより、
肝臓機能も失われてしまい最終的に肝硬変になります。 続きを読む »

 

肝硬変の原因

肝硬変の原因はウイルス性のものやアルコールによるもの、
脂肪が溜まって症状が発生するもの、自己免疫の異常によるものなどがあります。

日本人はアルコールが原因の肝硬変は少なく、
一番多いのがC型肝炎ウイルスとB型肝炎ウイルスによるものです。
その次に多いのがアルコールが原因の肝硬変になります。 続きを読む »

 

肝硬変の症状

肝臓は肝硬変になっても症状が急激に悪化することはなく徐々に肝臓をむしばんでいきます。
症状が表に出にくいので自覚症状もあまりなく、発見したときは症状が進行しているときも多々あります。

肝硬変の症状は初期段階と末期段階で違いが出てきます。
初期段階ではあまり自覚症状もなく、症状が出ても肝硬変だとは気がつかないかもしれません。
食欲不振や体重減少、疲労感や怠慢感、お腹の張りや下痢、
このような症状が出た場合は肝硬変が原因の場合もあります。
健康診断で肝機能の異常を示す数値が出た場合に上記の症状も出ているときは、
専門病院で検査した方がいいでしょう。 続きを読む »